大阪指輪マニュアル Archives | 大阪手作り結婚指輪マニュアル

HOME » 大阪指輪マニュアル

大阪指輪マニュアル

ダイヤ3石を並べた結婚指輪

宝石を活用した結婚指輪

結婚指輪へのダイヤの入れ方でも個性を出せます。

指輪のカタログを見ると1石だけ入れたものをよく見かけますが、種類はそれだけではなく、ほかにも入れ方がいくつもあるのです。

その1つになるのが3石入れるという方法です。

昔から使われてきた伝統的なスタイルで、スリーストーンとも呼ばれます。

現在でも選ばれることのある人気スタイルです。

宝石を活用したデザインにしたいなら知っておくといいでしょう。

≫ 『ダイヤ3石を並べた結婚指輪』

結婚指輪はずっとつけてるもの?

結婚指輪はどう使うもの?

結婚指輪は普通のアクセサリーと違ってつけっぱなしにする方もよくおられます。

しかしどう使うかは自由で、付けたり外したりしてもOKです。

使い方は好みで決めるといいでしょう。

それよりも、ずっとつけてるかどうかでデザインをしっかり選ぶのもおすすめです。

その方が使いやすい指輪になりますから、どう使うかは早めに決めておくといいかもしれません。

ずっとつけてる?外す?

ほかの人たちは結婚指輪をずっとつけてるのか、外しているのか、気になるところですよね。

あるアンケートでは、ずっとつけてるという方は3~4割ほどとなっています。

ほとんどの人がつけっぱなしというわけではないのです。

結婚指輪とはそういうものだからと、ずっとつけてる方もおられますし、指輪が傷みそうだから、衛生面が気になるからといった理由で外す方もおられます。

どのように使うかは個人の考えや好みによりますから、特別な事情がない限りは好きなように使うといいでしょう。

≫ 『結婚指輪はずっとつけてるもの?』

頑丈な結婚指輪を作ろう

すべての結婚指輪が頑丈とは限らない?

たくさんの指輪を選べる大阪では、デザインの華やかさなどが気になりがちですよね。

しかしこのときには指輪の頑丈さにも注意するといいでしょう。

金属で作られている指輪は十分に頑丈というイメージがあると思いますが、実は素材やデザインによってはそれほど頑丈でないこともあるのです。

せっかくの指輪が変形したり、壊れたりといったことがないように、結婚指輪の頑丈さに関わるポイントを知っておくといいでしょう。

素材について

指輪の頑丈さが決まるポイントの1つが素材です。

結婚指輪の定番素材といえばプラチナとゴールドですが、これらは特別頑丈な素材ではありません。

むしろどちらの素材も純度の高いものほど強度が弱いため、別の素材で補強してある合金を使うのが普通なくらいです。

それなら普段使いには十分な強度があるものの、元の素材はそれほど頑丈でないことは知っておくといいでしょう。

特に頑丈さにこだわる方におすすめなのは、たとえばチタンです。

これで作るとサイズ直しが難しくなることもあるくらい、非常に硬い素材です。

ほかにもパラジウム、ステンレス、ジルコニウムなど、結婚指輪に使われている素材で非常に硬いものはあります。

頑丈さを重視するならこれら素材にも注目してみるといいでしょう。

≫ 『頑丈な結婚指輪を作ろう』

人気ブランドの結婚指輪について

人気ブランドの秘密

結婚指輪を取り扱っているブランドは、国内外に数多くあります。

特に人気が高いブランドは、度々ネットや雑誌に取り上げられているので、一度は目にしたこともあるでしょう。

ではなぜ、ブランドはメディアに取り上げられているほど人気があるのか考えたことはないでしょうか。

規模が大きいや広告に力を入れているなどの理由もあるでしょうが、広告に力を入れているだけでは、すぐに飽きられるのがオチです。

また規模が大きいのと人気があるのは、別の話です。

人気ブランドの結婚指輪

結婚指輪の人気ブランドとして筆頭に上げられるのが、国内ブランドでしょう。

東京で誕生したブランドで取り扱っている結婚指輪は、他のブランドと比べて値段が安いのが特徴です。

しかしデザインは秀逸のものが多く、シンプルさの中にもゴージャスさが秘められています。

海外ブランドも、負けてはいません。

王室御用達のブランドでは、素材に力を入れています。

結婚指輪に使うダイヤモンド1つ使うだけに、超がつくほど厳しい審査を設けているほどです。

≫ 『人気ブランドの結婚指輪について』

結婚指輪を比較してみよう

結婚指輪を購入する前に比較をしよう

大阪にはたくさんの結婚指輪が見つかります。

ショップで購入するほか、工房で手作りするというユニークなものもあり、気になった指輪にすぐ決めたくなるかもしれません。

しかしよほど強い希望があるのでない限りは、大阪のいろいろな結婚指輪を比較してみるのがおすすめです。

そうすることでより満足できる指輪を選べるでしょう。

欲しい指輪のイメージがわかる

それぞれの指輪を比較することで、強く惹かれるもの、あまり惹かれないもの、いろいろなものがあることがわかると思います。

たくさんの比較をするほどに自分が惹かれる指輪のイメージがだんだんわかってくるでしょう。

たとえば惹かれた指輪の多くがシンプルなデザインなら、凝った指輪よりはシンプルですっきりしたものが合うのだとわかります。

これはデザインだけでなく、ブランドでも同じことです。

有名な人気ブランドには特に興味はなく、主にデザインや素材に目が行くなら自分にはあまりブランドは必要ないのだとわかります。

逆にブランドが真っ先に気になる方は、ブランド重視で選んだ方がいいとわかりますね。

結局は自分の好みのものを選べないと満足できないことは多いですから、たくさんの指輪を比較することで好みに合うものを見つけましょう。

≫ 『結婚指輪を比較してみよう』

大切に扱えば、50年後でも使える結婚指輪

大阪で結婚指輪を手作りする際に抑えたいこと

大阪で結婚指輪を手作りするには、どうすれば良いのでしょうか。

2回目の結婚指輪という方もいらっしゃるでしょうが、多くは「生まれて初めての結婚指輪」になるでしょう。

どこで結婚指輪を作れば良いのか、結婚指輪を作るには何をすれば良いのか、わからないことだらけです。

そこで大阪で結婚指輪を手作りする方法について、紹介します。

生まれて初めての結婚指輪でも、素敵な結婚指輪作りのお手伝いができれば幸いです。

素材

まず抑えておきたいのが、素材です。

結婚指輪で使用されている素材として最もスタンダードなものが、プラチナです。

結婚指輪を販売している店で、プラチナの結婚指輪を取り扱っていない店は存在していません。

大阪だけでなく、全国でも見つからないでしょう。

プラチナは濁りのない美しい輝きをしていることから、結婚指輪の素材として最適です。

また余程乱暴に扱わない限り、10年も20年は長持ちするでしょう。

大切に扱えば、50年後でも使えます。

≫ 『大切に扱えば、50年後でも使える結婚指輪』

オリジナルの結婚指輪を作ろう

オリジナルの結婚指輪を

最近の結婚指輪はオリジナルデザインも簡単に作れます。

手作り工房というお店でなら、オーダーメイドや自分たちの手による自作ができるため、指輪の希望さえ決めておけばオリジナルの指輪の製作がすぐに始められます。

自作する場合、どうやって作るのかという作業面への不安があるかもしれませんが、製作に関しては工房やプロの職人のサポートがあるため、あまり心配はありません。

大事なのはどんな指輪が欲しいのかという希望をしっかり決めておくことです。

オリジナルにこだわるならしっかりとイメージを決めておきましょう。

≫ 『オリジナルの結婚指輪を作ろう』

結婚指輪購入口コミ「王道のカルティエ」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

11

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

主人 15万  私 13万位

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚指輪を選ぶ前に、婚約指輪を選んだ為、同じブランドの物で結婚指輪も決めました。

結婚指輪は常につけている為、シンプルで飽きのこないデザインにしました。

予算も特に指輪にこだわりはなかったので、必然的にブランドの中では安い物になったと思います。

私の中では、何年か後に同じブランドの指輪を重ねてつけても良いかとおもっています。

結婚指輪と重ねてつけても、同じブランドの物の為か、違和感なくつけられて満足しています。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「王道のカルティエ」』

ロッカの結婚指輪

ジュエリーブランド「ロッカ」

ロッカ(ROCCA)は、1947年に日本に誕生したブランドです。

もともとは鹿児島県鹿屋市で開業された洋服店から出発したブランドです。

現在はジュエリーブランドとして、数多くの独創的なエンゲージリングとマリッジリングを販売しています。

店舗は鹿児島本店・福岡店・阪神梅田店・大丸京都店の4店です。

結婚指輪は、フルオーダーとセミオーダーで作っており、1人1人に合ったリングを提案してくれます。

リングの種類は、500型のアームから好きなラインを選べます。

リングの太さや形は柔軟に変更でき、模様や刻印でオリジナリティを出すことも可能です。

ダイヤモンドも、好みのカラーを選べ、カット方法もハート型から定番のブリリアンカットまで選べます。

≫ 『ロッカの結婚指輪』